FXで勝ち続けるために一番重要なこと

 

FXは特に専門的な知識は要りませんし
現在では大金を用意する必要もなく
クリックするだけで気軽に始めることができます。

 

それではFXで勝ち続けるために一番重要なことは
何だと思いますか?

 

手法は人それぞれ千差万別ですが
FXで勝ち続けている人ならばほとんど全ての方が
守っているルールがあります。

 

今回はそのルールについて述べさせていただきます。

 

 

FXにおいて一番大事なことは慎重さです。

 

慎重ささえ常に持っていれば負けることはありませんし
逆に言えば
慎重さを失っていると、どんなに技術を持っていてもいつか大敗します。

 

慎重さとは具体的にどういうことか?

 

FXにおいて生死を分けるような
とても重要な慎重さというのがいくつかあるのですが
まず一番初めに申し上げておきたいのは「損切り」です。

 

「損切り」というのは簡単に言えば
自分の見通しが外れたことを認めて相場から資金を引き上げることです。

 

極論をすればFXにおいて勝っている人と負けてる人の差は
この損切りをしっかりと前もって決めておき
損切りラインに達したら躊躇なく勝負から降りられるかどうかです。

 

FXというのは本当に単純な要素から成り立っていて
その根幹をなすのが損切りだと言っていいのです。

 

ですからFXを始めたばかりの方や
今までマイナスの収支が多かった方は
勝敗の要素の多くは損切りの確実さにあると肝に銘じてください。

 

損切りの技術というのはそれほど難しくはありませんし
別の記事でも詳しく書いていきますが

実は、自分で決めた損切りラインを自分に守らせるのが
何よりも難しくて、勝ち負けが別れる分岐点なのです。

 

すでにトレードの経験がある方はご存知かもしれませんが
人間はなかなか損失を認められない動物なので
自分がここを超えたら撤退しようと思っていた
レートを超えてしまっても
ズルズルとポジションを持ち続けてしまいます。

 

FXは長期戦ですから
相場の値動きの予想はフィフティフィフティでも
基本ルールに従っていれば必ず勝てます。

 

そして初級者がFXで勝てない一番の原因が
この損切りの不徹底です。

 

今まで自分が勝てなかった理由は
相場の流れの分析や、チャートの知識不足だと
誤解している人が非常に多いのですが

実は技術による差などは2次的なものであって
勝敗を大きく分けるものは
自分の決めたルールを厳格に守れるかということなのです。

 

ですから私は自分でトレードするときも
もちろんそうですが
初級者の方たちに徹底するようにお勧めしているのが

ポジションを取る時には前もってしっかりとチャートを見て
必ず損切りラインを決めておき
トレードをする際に必ず逆指値をして売買をすることです。

 

利益確定の方はある程度ラフでも
長期間の勝敗には影響してきませんが
損切りラインには必ず逆指値を入れておき
損をする場合のリスクを前もって厳密に決めておくことが
FX取引において何よりも重要な戦略なのです。

 

まずはこの習慣を徹底することによって
物理的に大敗をすることはなくなります。

しかし一度でもルールを破ってしまったらいけないので
ポジションを取る際には必ず逆指値を使いましょう。

 

実際にどこを損切りラインにするか?
といったことも戦術としては身につけておく必要がありますが
細かいことは後回しにしても大丈夫です。

 

この「負けそうになったら逃げる」という習慣が
十分に身についてから詳しく学んでも遅くはありません。

まずはこの損切りラインの逆指値による厳守を習慣にしていきましょう。
これだけで今までとは見違えるほど勝率が高くなるはずです。