FXで勝ち続けるのはとても簡単 移動平均線によるチャート分析

 

上の画像は私が一番大好きなチャートパターンです。

なぜ好きかと言うと
ノーリスクで大勝ちできるチャートパターンだからです。

 

FXで勝ち続けるのはとても簡単です。

 

もしも私たちに感情がなかったら
頭脳の優秀さによって勝つ量は変わってくるかもしれませんが
どんな人でも必ず勝ち続けることができます。

 

それと上のチャートパターンとどんな関係があるのか
そのことをお話ししてみたいと思います。

 

まず一番上の画像についてですが
これは2018年11月26日のユーロドルの1分足のラインチャートです。

 

普段はだいたいローソク足を使ってらっしゃる方が多いと思います。

私も60分足以上の長期足はローソク足で見ています。

 

これは、あくまでも私の個人的見解ですが
1分足や5分足などの短い足は
値動きも少ないですし
足が出来上がるまでの過程もそれほど観察には値しないだろうと言う考えで
値動きを追うだけならばシンプルなラインチャートを見ていることが多いです。

 

(ただしこれは私が重視するのが日足や60分足であるために
戦略上、1分足や15分足を軽視しているということであって
スキャルピングなどの超短期トレードを否定しているわけではありません)

 

さて本題に戻りますが
上の画像のチャートは1分足のラインチャートと
60本と240本の単純移動平均線の組み合わせです。

 

つまり1分足と60分(1時間)足と240分(4時間)足の組み合わせです。

このように時間軸の違ったラインが
短いものから順番に上から綺麗に並んで
相場が上昇していくものをパーフェクトオーダーと言います。

 

もちろん下降のパーフェクトオーダーもあって
その場合はすべてが上昇と逆になります。

 

いずれにしてもこの形にはまった時の相場は
ローリスク・ハイリターンが見込めるイージー相場です。

 


上の画像はチャートの10時間ほどの部分を切り取ったものですが
右半分を手で隠してもどこからでもトレードに入れるはずです。
マルチタイムフレーム分析などを意識しなくても
子供でも売買が分かるような簡単なチャートですよね。

 

そうなんです。

FXで必ず勝つためには
シンプルで美しいチャートに取り組めばいいだけなんです。

 

 

FXを始めたばかりでチャートの見方がわからないという方でも
このパーフェクトオーダーだけを狙っていけば

負けることは不可能です。

 

もちろん上昇はいつか終わって含み損になる場合もありますが
前回の安値を下回った場合などは
一切の躊躇なく損切りしていくことが重要です。

 

1.パーフェクトオーダーができていること
2.前回の安値を下回ったらすぐに損切りすること

この二つを守っていればFXでは永久に勝ち続けることができます。

 

 

もちろんダマシが続いたりして
局地戦では連敗することもあるかもしれませんが
このパーフェクトオーダーエントリーの強いところは
伸び始めると迷いなく利益が増えていくところなのです。

 

ですから3連敗ぐらいしても
その後の1勝で簡単に取り返して利益を出す場合が多いのです

また慌ててエントリーしなくても
このチャートパターンに入った時には
トレンドが何時間も続きますので
かなり慎重を期してから売買しても間に合います。

 

そして一度トレンドに乗ってしまったら
安値を更新して損切りになるまでは絶対に降りないことです。

パーフェクトオーダーになっているトレンドの場合
最後は急落で損をして終わることが多いのですが
これは想定内の損なのでいわば必要経費なのです。

 

ダウ理論の需要法則の中に
「トレンドは明確な終了のサインが出るまで続く」
というのがありますが
これは含み益を持ったときに厳守しないといけません。

 

チャートの法則に従わずに適当なところで降りたりすると
100pipsや200pipsといった大魚を取り逃がします。

ですから
自分で決めた損切りラインを守ることも大事ですし
損切りラインに達していないのに勝手に降りないということも大事です。

 

もちろんこのチャートの時間軸を変えて
5分足と4時間足と日足などでもタイミングは測れると思いますが
なぜか現状のの為替相場では、私の場合は
1分足、60分足、4時間足の組み合わせが
最も使いやすくて好成績を収めています。

 

使っているチャートソフトなどによっても人それぞれでしょうから
自分に合った時間足を探すのも良いと思います。

要するにパーフェクトオーダーの本質というのは
短期的な値動きと、中期的な値動きと、長期的な値動きが
揃って同じ方向を向いたということですから
それがつかめさえすれば移動平均線にこだわる必要もないわけです。

 

 

さて
子供でも簡単に判断ができるパーフェクトオーダーによる売買ですが
実際の相場ではそれほど頻繁ではありません。

 

頻繁ではないとは言っても
10通貨ペアほどを毎日ちらっと見ておけば
数日に一回はどこかに現れる頻度です。

 

ですから究極のところ
このトレードスタイルだけでも十分利益は出していけます。

 

FXをやっている方の中で引き分け以上の成績の方は
10%くらいしかいないと言われていますから
不思議に思われるかもしれませんね。

 

世の中にこれほどセミナーや教材が溢れかえっているのに
こんなバカみたいに単純な手法で勝てるものだろうかと
疑う方もいらっしゃるかもしれません。

 

でもFXの負けの原因は「余計なことをする」からなのです。
勝ち組の人は例外なく「確実なことだけをする」のです。

 

 

FXで上達をするということは
分かることを少しずつ増やしていくということなのです。

 

ですからFXを始めたばかりで右も左も分からないという方は
まずこのパーフェクトオーダーを探して乗る練習をしてみましょう。

イメージとしては10戦4勝ぐらいのイメージで十分です。
実際は10戦3勝でも十分プラスを維持できます。

 

細かい手順などは人それぞれだと思いますが
要するにこの記事の一番上の画像を頭に焼きこんで
実際のチャート画面から探して行けば良いわけです。

 

あなたがやらなければならないことは
ほんの少しなのです。

 

仕事の大部分は「待つこと」です。

 

そして見落としたりしてやらなければならないことを省いてしまったら
また次の機会を狙えばいいのです。

一番怖いのは損切りが続いたりして
感情的に動揺して「やらなくて良いことをやってしまう」ことなのです。

 

 

アレンジは一切必要ありません。
パーフェクトオーダーを見つけたら
前回安値に損切りの逆指値を置いて
損切りにかかった場合にも
全資産の2%を超えない範囲の金額でトレードして下さい。

 

慣れると損切りの計算は無意識にできるものですが
チャート画面自体にまだ慣れてらっしゃらない方の為に
目安を書いておくと
一回のトレードでの投資額を
全資金の5%以内にしておけば安全なようです。

 

これからFXを始めようと思っていらっしゃる方
FXの経験は豊富だけれども月トータルで勝ち越したことがない方
ぜひ
パーフェクトオーダー必勝法で勝ちの味を覚えてください。

 

このパーフェクトオーダーを使ったトレードは
知らず知らずのうちに
マルチタイムフレーム分析の感覚を養うことにもなりますので
少しでも早く自分のものにしてください。