FXで安定して勝ち続けるために必要な3つのアイテム

 

 

最近ではとても便利になって
スマートフォンの演算装置も非常に高性能で
計算能力や画質はトレードにも十分使えます。

 

とはいうものの

初心者の方が初めから

スマートフォンでトレードをするのは疑問です。

 

簡単な話、画面が小さすぎるからです。

 

FXに使うツールに関して
個人的なオススメについて述べさせてください。

 

 

まず冒頭で申し上げた
トレード画面の大きさについて

確かに最近のスマホは高性能で
鮮明なチャート画面を見ることもできます。

 

しかし忘れてはならないのは
私たち人間自身の視力や注意力は
絶対に進化することはないということです。

 

脳内に直接、電気信号で情報を渡せるような
高度なシステムができれば別ですが

現在のところ我々はクロマニョン人の時代から
視力も注意力も変わっていないのであって
細かい計算などを必要とするのであれば
やはり画面は大きい方が圧倒的に有利ですよね。

 

確かに多忙なビジネスパーソンや
育児中の女性方であれば
スマホでトレードができれば便利なのは分かります。

 

しかし私たちは遊びや息抜きで
トレードをするわけではありません。

 

結果としての勝敗はともかくとして
相場の分析とトレードには常に全力で当たります。

 

FXのテクニカル分析をするには
特に難しい知識や理論は必要ありませんが
正確に水平線や移動平均線を見ることは最重要です。

 

家でどっかりと座ってデスクトップPCで
じっくりとチャート画面を見られる方は別として
お仕事や家事を持ってらっしゃる方は
そうもいかないでしょう。

 

しかしチャートに慣れるまではスマホはNGです。

 

特大画面で見る必要もありませんが
最低でも10インチぐらいはないと
疲れてしまいますし
それより何より、マウスやキーボードなしでは
MT4などの分析画面が上達しません。

 

 

 

私はだいたい外でのトレードには
ASUSの小型ノートPCを使っています。

 

11.6型ですと
家で使う場合もどこへでも持っていけるので
とても便利ですし

コストパフォーマンスの面からも
ASUSかDellならば安心です。

 

もちろんもっと高価なPCを使っても
大いに結構ですが

モニター1枚は常に確保したいので
できれば仕事やゲームで使うPCとは
別にFXトレード用の安価なPCが欲しいところです。

 

というのは
映像鑑賞やゲームと同じPCで
トレードを行ってしまうと

何かしらの原因でPCに障害が発生した時に
トレードができずに慌てふためく
という経験を私もしているからです。

 

そういう面からもスマホでの取引は
リスクを背負っているということも
分かっていただけると思います。

 

既にある程度自分の手法が出来上がっていて

トータルの成績に自信のある人ならば

スマホだけを使って

環境認識をできるのかもしれませんが

 

そうでない方は

まずじっくりと水平線や移動平均線に

慣れ親しむ必要がありますから

 

厳しいことを言うようですが

パソコンを持っていない方は

買ってからFXと練習を始めるべきだと思います。

 

 

 

さて、ハード面ではパソコンが重要だということは

認識していただけたと思いますが

 

ソフト面で重要性が高いのは

MT4と低取引単位です。

 

具体的に言うと

MT4というのはトレードする際に使う

世界共通のチャートソフトで

低取引単位というのは

1000通貨のことです。

 

私はこの二つは

FXの初心者には必須の条件だと思っています。

 

最終的には

MT4以外のソフトを使っている業者で

取引をすることになるかもしれませんが

その場合でもやはり分析には

MT4は欠かせませんし

 

日本の業者の一般的な最低取引単位は

1万通貨でレートが1円動くと1万円の損益が出ます。

1000通貨で1円動くとと1000円の損益ですから

 

まだ大金を運用する自信のない初心者にとっては

最低取引単位が低い方がお財布に優しいのですね。

 

この二つの条件を加味すると

私の知っている限りで

信用のおけるのは以下の2社です。

 

JFX株式会社



「OANDA MetaTrader4」



参考までに私の初心者時代の経過を述べておきますと
私の初心者時代には今のようにブログやYouTubeで
情報を集めることなどほとんどできませんでしたので
たまたま最初に口座を作った業者の
チャートソフトをずっと使っていたために
当然のことながらMT4のことを知る由もなく
インジケーターどころか
移動平均線を画面に出すやり方さえ
よくわかっていませんでした。

皆様におかれましては
そのようなことの無いよう
初期のうちは上述のMT4を導入している業者で
MT4に慣れていただきたいと思います。

ちなみに現在の私はチャート分析はMT4で行い
実際の取引は

ヒロセ通商【LION FX】


DMM FX

で行っています。

現在なぜDMMさんとヒロセさんなのかは
特に理論的な理由はありません。
発注画面が使いやすいからというのが
一番大きな理由です。

私は普段、モニターを三つ使っていて
真ん中の一つでリアルトレードを行い
脇の2枚にはMT4でチャート画面を出しています。

この辺は人によると思いますが
私は迂闊な人間なので
リアルトレード画面と分析画面が一緒だと
間違って発注してしまうことが多いので
あえて負けております。
以上、余談でした。

 

それからツールの最後として
単純で安価ですが
強力なツールをご紹介しておきます。

 

ダイソーでもキャンドゥでも
どこでも構いませんが

とにかく100円均一ショップに行って
目覚まし時計か、壁掛け時計か
どちらかお好みの同じ種類の時計を
324円で3つ買ってきましょう。

 

そしてトレードする場所から見えるように
東京・ロンドン・ニューヨーク
の3つの時間に合わせて並べてください。

 

トレードするときは
必ずこの3つの時間を肌で感じていると
理屈とは関係なく
時間帯ごとのリズムが伝わってきます。

 

ときどき3つの場所の値動きの特徴などを
論理的に説明している方もいらっしゃいますが
そういう分析の仕方は全く役に立ちません。

そうじゃないんですね。

そうじゃないんです。

 

そうではなくて
私やあなた自身が3つの時計を目の前に置いて
波の行き来を感じることが重要なのです。

 

テクニカル分析は
天気図を見た気象予報士の予報とは違います。

どちらかと言うと
漁師の天気の予測に近いのです。

 

もう少し現実的に分かりやすく言うと
チャートを読み込むという作業は
数学の方程式を解くような作業ではなくて
自転車に乗るような作業だと思ってください。

 

東京とロンドンとニューヨーク
それぞれの場の違いを
方程式を解くように説明することは不可能です。

 

しかし自転車に乗るように
チャートを見ながらバランスをとって
転ばないように危険を感じることは誰にでもできます。

 

そのために理屈から離れて
3つの時計とチャート画面だけに
没頭する瞬間というのが必要になってきます。

 

いつ没頭するかと言うと
東京時間からロンドン時間に移っていく時間
ロンドン時間からニューヨーク時間に移っていく時間

ロンドンからニューヨークに移って行く時間は
日本だと深夜になりますので
観察できない方が大勢いらっしゃると思いますが

 

この移って行く時間帯に
綺麗なチャート=勝ちやすいチャート
が出やすいので

 

トレンドに乗ることを生きがいとしている私などは
日本時間の夕方あたりから
移動平均線3本が綺麗に並んだチャートを
今日も明日もと探しています。

 

モヤモヤと歯切れの悪い説明だと
感じる方もいらっしゃると思いますが
もしもこういったことを明確に言い切ってしまったら
そう言った瞬間に嘘になってしまいます。

 

モヤモヤとしてはいますが
中身は誰にでもできる簡単なことです。
自転車に乗るのと一緒です。

 

一応まとめさせていただくと

・慣れるまではチャート分析はパソコンで行う
・最初の業者はMT4と1000通貨が望ましい
・常に3つの時間を肌で感じておく

です。

 

今回は少しオカルトな感じかもしれませんが
FXのトレードが上手くなるということは
理論的な勉強をするということではなくて
目の前にある課題を知恵で解決していきます。

 

魚の図鑑を作るのではなくて
魚を釣って食べることに近いというのを
分かっていただけると幸いです。