FXで確実に勝ちに向かっていく逆思考の発想方法

 

逆思考などと言うと突飛な印象を受けるかもしれませんが
実はFXに限らずほとんど全ての投資や投機では
勝ち組と負け組の決定的な差をつけるのが
この逆思考です。

 

どういうことかと言いますと
負け組の投資家というのは「勝とう勝とう」という発想です。
勝ち組の投資家というのは「負けを避けよう」という発想です。

 

 

これだけ書くと精神論のように聞こえてしまうかもしれませんが
少し視点を変えてみると
負け組の投資家というのは大抵の場合
「ポジポジ病」を発症しています。

 

つまり簡単に言ってしまうと
負け組の投資家の特徴というのは
やたらとゲームに参加したがっていて
勝てる場面を見極める訓練ができていないのですね。

 

 

私はこのブログで何度もしつこく
「トレードは勝てる確証があるときだけする」
ということを申し上げています。

 

実は究極のところ
このルールさえ鋼鉄の意志で守っていれば
まるっきりの初心者でも延々と勝ち続けます。

 

 

「そんなバカな」
「勝てる方法が分からないから負けているんだよ」
と思うかもしれませんがそれは違います。

 

負け組のトレーダーの収益がマイナスなのは
勝てないからではないのです。

負け組のトレーダーはいつもどうでもいいところで
負けすぎているから
いくら頑張ってもプラスになることはないんです。

 

 

FXで絶対に負けない最強の状態というのは
もちろん、トレードをしないことです。

これは別にふざけているわけではなくて
まず投資において負け組から脱却して
勝ち組に入るための心構えの話です。

 

 

ポジションを持ってない状態というのが
正常な状態なのだということをまず肝に銘じてください。

 

トレードをしてポジションを持っている状態というのは
異常な状態なんですね。

 

どういう意味で異常かと言うと
通常はFX相場というのは
初心者であろうが大ベテランであろうが
どんな人にとってもどっちに転がるかわからない

上がるか下がるか50%対50%の
シーソーが左右で釣り合って
小さく揺れ動いている状態です。

 

 

こんな状態のところにお金をかければ
勝率は50%になりますから
やればやるほど手数料のぶんだけ
マイナスがどんどん積み上がっていきますよね。

 

売買手数料やスプレッドというのは
非常に小さく感じているかもしれませんが
FXというのはそもそもレバレッジをかけるものですし
デイトレードであれば1日に何度も売買を繰り返しますから
勘に頼ってやっていれば
あっという間に資金は底をつきます。

 

 

一般的にはFXに参入した人の90%は
3ヶ月以内に資金をなくして撤退すると言われていますが
これはかなり妥当な数字だと言えます。

 

まずFXのトレードにおいて
正常で健康的なノーポジション状態というのは
「移動平均線などがごちゃごちゃしていて右も左も分からない」
ということをよくよく理解することが大事です。

 

「右も左も分からない」
正確に言うと「上だか下だか分からない」
基本的には曖昧な状態が相場の本質だという事を
勝ち組のトレーダーは本能的に知っています。

 

 

ほとんどの場合、相場が上に行くか下に行くかは
50%対50%で誰にもよく分かりません。

負け組のトレーダーは
この不可解な「50%」に突っ込んでいくから負けるのです。

 

 

実際にはパフォーマンスの期待値は50%ではなくて
手数料を差し引かれて49%や48%ですから
繰り返していけば、絶望的かつ確実に破産します。

 

トレード手法の細部に関してはこの記事では述べませんので
テクニカル分析について書いてある記事を読んでください。

 

 

テクニカル分析とは何をするためのものかといえば
この50%で傾いているシーソーがたまに
大きく傾いた瞬間を逃さずに
傾いた方に飛び乗って
分け前をせしめるためのツールです。

 

大事なことは
未来を予測しようとしてはいけないということです。

初心者のかたには理解するのが難しいと思いますが
テクニカル分析を使う場合には推測は禁物です。

 

例えば
「平均線3本がパーフェクトオーダーになったらトレードする」
というのと
「平均線3本がパーフェクトオーダーになりそうだからトレードする」
というのは天と地ほども違って
特にFXの場合は確実に勝敗を分けてきます。

 

 

相場の分析をお天気に例えるとするならば
雨降りと傘の関係をイメージしてください。

 

いくら雲がどんよりと曇っているからといって
一滴も雨が降っていないのに傘をさす人はいません。

 

逆に日が差していても強めの雨が降ってくることもありますよね。

いずれにしても実際に雨が降ってきた時にだけ
傘をさすのです。

 

ものすごく曇っているからと言って
雨が降っていないのに傘をさしてずっと歩いていたら
無駄に疲れてしまいます。

 

雨に濡れたり疲れたりするだけならばその場限りですが
FXでトレードをしてしまったら元金が減っていくので
取り返しがつきません。

 

本当に水滴が体に当たってきた時だけ傘をさすように
本当に自分が採用しているテクニカル分析のルールに
相場の状態が合致した時だけにトレードするんです。

 

それ以外の場合は「本当」にビタ一文トレードしないんです。

勝てる材料を探してトレードをしたがってはいけないんです。

そうではなくて
相場の方があなたに対して勝てる材料を突きつけてきた時にだけ
狡猾なまでによくよく確認してゆっくりとトレードします。

 

この逆思考の発想方法を習慣にできれば
一週間や一か月のトータルで負け越すことはまずありえません。

 

その人ごとの財力や知力やスピード対応力によって
もちろん勝ちの度合いは変わってきますが
この簡単で分かりやすい感覚をしっかりと身に付けることが
勝ち組になるための王道です。

 

チャートや値動きを凝視して

考え込むのはもうやめましょう。

 

チャートを注意深く観察するというのは
一箇所を集中してみるということではなくて
日足・1時間足・5分足などのように
時間軸をずらしながら6種類なり
15種類なり複数の通貨ペアに

テンポよく目を通していくことです。

 

これを繰り返していると
何も必死で考え込まなくても
また、難しい理論を知らなかったとしても
相場はあなたにトレードを命令してくるはずです。

 

FXで勝てる時というのは爽やかに圧勝することが多く
負けるときというのは苦悩した上で

ボロボロにやられることが多いです。

 

トレードが難しく感じた時は
あなたの知識や努力が足りないのではなくて
相場がトレードに向いていない状況なのです。

 

 

今回の記事は分析方法や戦術について全く触れていませんので
ひどくつまらないと感じられる方もいらっしゃると思いますが

 

個人的にはFXで負ける理由の本質について
かなり的を得た解決策を提示していると思いますので
負ける理由について悩んでいらっしゃる方には
トレードの合間に何十回でも

目を通していただきたいと切望しております。