FXでトレンドフォローするというのは実際にはどういうことか?

FXのトレードにおいては
トレンドに乗ることが最も重要です。

 

もちろんこれは大昔から今に至るまで
色々な相場に関して言われてきたことです。

 

しかし実際にはどういう状態が
トレンドフォローに乗るということなのかを
うまく説明したり例をあげたりすることができる人は
トレーダー全体の中の1割もいないはずです。

 

例えて言えば車の運転ほど難しくはないけれども
自転車の運転程度には練習と繰り返しが必要というところです。

 

 

 

自転車の運転というのは
子供であっても
よほど運動神経の悪い人であっても
ある程度練習すれば必ず乗れるようになれますよね。

 

FXトレードにおけるテクニカル分析というのも
ほぼそれと同じようなレベルの話です。

 

最初は補助輪をつけた状態である程度の距離を走って
慣れてきたら補助輪を片方だけにしたり
練習を誰かに手伝ってもらったりして
上手に運転できるようになっていきます。

 

かなり慣れてくる両手離しで運転したり
相当重い荷物を積んで走ったりすることもできるようになります。

 

FXのトレードでいえば
日足だけを見て短時間のトレードをしたり
100倍以上のレバレッジをかけて取引をしたり
といったところでしょうか。

 

ただしFXのトレードが上達しているかどうかは
自転車を乗りこなすことと違って
上達の度合いを目で見ることが難しいですし

自転車の使い方というのは
世界中どこでも似たような条件ですが
FXトレードを含めたテクニカル分析の使いこなしというのは
人それぞれのトレード環境や財力によって
千差万別になりますので
練習の仕方も大きく変わってきます。

 

 

そんなわけですから
私がこれから取り上げるチャートが
皆様にとって全てが有益なものであるか
どうかということは保証できませんが

出来る限り多くの場面を取り上げることによって
トレンドフォローに乗るという感覚に
触れてもらうことはとても有益であると考えて
この記事を作ってみました。

 

 

この記事にどういう狙いがあるかと言うと
自転車の練習に例えて言うならば
上手に自転車に乗れている状態を
数多く見てもらうことによって
安全で効率よく自転車に乗るための姿勢や
手足の運びなどを記憶してもらう
ということにあります。

 

 

つまり実際に利益につながったチャートや
わかりやすい波の動きが明らかなチャートを
数多く見てもらうことによって
AIのパターン認識のような形で
皆様の直感的記憶力に訴えようということです。

 

 

実際にテクニカル分析を使って
FXトレードを行う場合に
私が意識しているのは言語化すると

「見ていて疲れるようなチャートではトレードしない」
「移動平均線が絡まっているチャートは無視」
「綺麗なチャートにエントリーすると儲かる」

などということになるのですが
これをFX初心者の方に
言葉で説明するのはとても困難です。

 

 

理屈による説明は極力省いていきますので
まずはともかく
「綺麗なチャート」とはどういうものなのか体感してください。

 

論理的な理由を探したりして考え込む必要はありません。
さっさっさっと繰り返し繰り返し
短時間で読み込んで行ってみてください。

実際のトレードでも一つのチャートを見て
何十分も考えこんだたりすることはありません。

 

勝てるチャートの形を
自分で見つけ出すというよりは
チャートの方がわたくしたちに勝てる場面を
教えてくれると言うイメージなのです。

 

 

 

2019年2月直近のユーロドル1時間足です。
これで負けるのは子供でも難しいと思うほどの
一本調子なチャートですね。

 

 

2018年11月のユーロドル1時間足

 

 

2018年10月のユーロドル1時間足

以下の画像には説明をつけませんが
画像の一番下で時間軸がわかります。
左上で通貨ペアもわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

もちろん今皆様に見て頂いたチャートは
結果が出た後のものですので
すぐに役立つものではありませんが
自転車に乗る練習をする際に
上手に乗れている人を
横で見ている状態だと考えてください。

 

実際に自転車に乗る練習をする際も
見ているだけでは乗れるようになることはできませんが
どのような姿勢が正しい姿勢なのか
どのようにハンドルを握るべきなのか
を知ることはとても大事です。

 

 

皆さんが実際にFXトレードをする場合でも同じことです。

 

最終的にどのような形のチャートから
どのような利益を上げるかというのをイメージするには
儲けやすいチャートの形というのを
頭の中に前もって叩き込んでおく必要があります。

 

もちろんこういった形の理想的なチャートになる場合は
前もって移動平均線のパーフェクトオーダーが
出来上がってる場合が多いので
私自身もパーフェクトオーダーを指標にすることが多いのですが

 

それ以外の場合でも
直接的に綺麗な形の出来上がっているチャートを
数多く見ることによって
利益をあげる精度が高くなって行きます。

 

 

さて最後に付け加えておきますと

FXのテクニカル分析を勉強する場合に
一番効果が高いのは
過去のチャート画面を
自分自身の目で追うことです。

 

その場合に特に気をつけて欲しいことが2点あって
まず1点目は今やっていただいているように
綺麗なチャート=儲かるチャートを見つけ出していくことです。

 

そして2点目は
自分が今見ている通貨ペアの値幅を確認しながら
チャートを見ていくことです。

 

この2つを普段からやっておくことによって
それぞれの通貨ペアの特徴がかなり効率よく頭に入ります。

 

 

今皆さんに見ていただいたのは
実は全て1時間足なのですが
これに日足や週足での長い目線を取り入れていくと
勝率がグンと上がっていきます。

 

重要なのはツールや他人の意見ではなく
自分の足で漕いで自分の腕でハンドルを握ることなのです。

 

自分の目でチャートを見て
自分の頭でトレンドフォローを判断できるようになると
迷うことも感情的になることも一切なくなり
着々と利益を積み重ねていくことができるようになります。