FXを取引する際に最も大事な2つの簡単なこと

 

バルサラの破産確率というものがあります。

 

すでに投資に参入している方はご存知かもしれませんが
もしも既に投資経験があってバルサラの破産確率を知らなかったとしたら
これは相当危険な橋を渡っていることになります。

 

これはバルサラさんという数学者が1992年にご自分の著書の中で発表したもので
投資をする際の資金を安全に運用するための数式です。
投資する金額と、リスクリターンの比率、勝率の3つの要素を計算することによって
最終的に資金が全て失くなってしまう確率をはじき出すことができます。

 

この破産確率や計算表そのものもインターネット上にたくさん出回っていますが
FXでは難しい理論や細かい表などは必要ありません。
バルサラの数式で導き出したFXに関する2つの答えを厳守することが大事です。
重要なことは二つだけでその二つをよく理解して呪文のように唱えていれば
破産=資金がなくなってFXマーケットから退却ということは起きません。

 

 

 

まず呪文の1番目は
投資資金の2%以上をリスクにさらすような取引は絶対にしないこと

呪文の2番目は
リスクに対してリターンは常に150%を超えるように取引を設定すること

 

この二つをどんなことがあっても守りきるだけで
どんな初心者でも80%は勝ったようなものです。

 

 

逆に言えば伝説の相場師であろうがノーベル賞軍団であろうが
この資金管理の鉄則を守らなかった者は必ずボロボロになって
FXなどの金融マーケットから去っています。

 

億単位のお金を動かす人たちがそんなバカなことをするかと思うかもしれませんが
人間というのは学力の高さと知恵の深さは全く比例しないようで
私たちは学力の高さではノーベル賞学者に及びもつきませんが
繰り返し訓練することによって自分の資金を守ると言う知恵の深さでなら
ほんの少しの訓練を続けていくことによって誰でも超一流になることはできます。

 

さて本題に戻りますと
仮にあなたの投資に使えるお金が100万円あったとして
FXでの勝率が常識通りに約49%だとすると
1回の取引で相場が思惑と反対方向に進行して失ってもよいのは2万円までです。
そしてもしも2万円をリスクにさらしたのだとしたら
リターンとして最低でも3万円を目標にしなければなりません。

 

 

もう少し具体的に言いますと、1回の取引でいくらを投資するかは関係がありません。
1回に2万円を一つのポジションに投下しても良いですし
極端なことを言えば
100万円全額でひとつのポジションをとってマイナスが2万円になったところで
損切りが執行されるように逆指値をつける取引をしても構いません。

 

このサイトでは特に逆指値による損切りを徹底的に使います。

エントリーのタイミングや取引の手法などは少々アバウトな部分があっても構いませんが
この逆指値による損切りだけは命と同じくらい大事にしてください。

 

逆指値を制する者はFXを制します。

 

世の中にはもちろん私以上に巧くFXで勝ち続けているトレーダーは大勢いますし
FXの取引を教えるのが上手な人もたくさんいます。
しかし、どんな人や書物から取引を学ぶにしても偽物を一発で見分ける方法があります。

 

それがこの逆指値による損切りを重視しているかどうかで分かります。
きちんとした技術があって、現実に利益を出した結果を残しているトレーダーは
必ず損切りに対して明確な考えを持っていますし
初心者や負け組の人達に対して助言をする場合には
いの一番に損切りのことに触れてくるはずです。

 

どんなに派手で勝っているように見えたり
高級そうな取引ソフトなどを使って飾って見せたところで
取引に入る前の損切り基準と根拠を明確にしない人は100%偽物です。

 

少し話がそれますが
実際に私が取引をする場合に決定をする場合の順番としては
まず最初に日足を見て大きな視点から、その通貨は上向きなのか下向きなのか水平なのか
今日1日でどちらの方向にどれくらい動くのか見当をつけます。
そして次に自分の思惑と逆方向へ相場が進んだ場合のことを考えます。

利益をあげようとした時の推測と
その反対方向へ向かった時の推測は常にセットになっている必要があります。
上がりそうだから下がりそうだからという根拠だけでは
思わぬ失敗に巻き込まれるので絶対に取引をしてはいけないのです。

 

 

さて破産確率については今後も折に触れて詳しく解説していくつもりですが
ともかく1回での負け金額は、用意した金額の2%以内に抑えるということは
十分理解していただけたと思います。
もちろん、2%にこだわる必要はなく1%でもそれ以下でも1回のリスクを減らすことに関しては何の問題もありません。
しかし冒頭で申し上げたように、2%以下というルールは慣れるまでは呪文のように唱えて
意識しなくても自動的に守れるようにしてください。

 

この2%のルールというのはおおよその目安などではなく
何度も申し上げているように、天才的なトレーダーでも
このルールを守らなければ必ず破産するという大自然の摂理なのです。

 

正確に言うとこの2%という数字は
リターンを必ず150%以上に設定するという前提とセットになっていますが
この計算方法についてはこの後のページで詳しく述べさせていただきます。

 

ともかくも、この章では「1回の取引の清算で2%以上負けてはいけない」ということを
頭に強く刻み込んでいただければミッション終了です。

 

「なんだそんな簡単なことに長々と付き合わせたのか」と思われる方もいるでしょう。
しかし最初の導入の章から繰り返し申し上げていますが
FXというのは簡単なことを注意深く粘り強く続けることが勝ち組への最短距離です。

確実に一つずつモノにしていきましょう。