FXは未来の為替レート予想ではなく現在の優位性を見つけるものです

 

 

FXのチャートをじっと見て上に行くか下に行くかを考えるのが
トレードだと思っている人が多いようですが
それはちょっと違います。

 

未来のことは誰にも分かりませんので
今のチャートから未来についてわかることは
トレンドが出ているかどうかということと
今の値動きは
帯のどのへんにあたるのかという2つのことだけです。

 

 

トレンドはある程度見ただけで
上下どちらに向かっているか分かりやすいのですが
相場の値動きは、直線ではなくて
ある程度の幅を持った帯だということを忘れがちです。

 

 


 

 

まずこの基本の形を、はっきりと頭に焼き付けておくと
ポジポジと無駄にトレードをすることがかなり減ります。

 

3つの価格はほぼ同じ値段を指していますが
その意味するところは3つとも全く違います
結論から言ってしまうと、この帯の動きの中でなら
3番、1番、2番の順番で優位性が高いのです。

 

まずこの画像のチャートの帯では
値動きは上昇トレンドを示しています。

 

3番は上昇トレンドの中で
最下限のサポートラインに当たっているわけですから
この後は上に上がっていく可能性が高いです。
(もちろん、トレンドが変わって下に突き抜けていく可能性もありますが
その場合は前回の安値などで損切りをして即撤収します)

 

1番は上昇トレンドの中で
最上限のレジスタンスラインに当たっているわけですから
この後は下に下がっていく可能性が高いです。
但し、帯全体のトレンドは上ですから
何かの拍子にレジスタンスラインを突き破って
上に抜けていく可能性も非常に高いです。

 

そして2番は、どっちへ行くのか優位性の無い
トレードしてはいけない場所です。

値動きの帯全体が、上を向いていようが下を向いていようが
もしくは水平な状態であろうが
この2番の位置で売買を繰り返していたら
手数料のぶん確実に負けて行きますし
トレードのスキルがアップすることもありません。
帯の真ん中辺りでのトレードは絶対にやめましょう。

 

 

そして1番でのトレードもおすすめはできません。
なぜかと言うと、大勝利につながることはほとんどないからです。

帯全体としては上昇トレンドの中の
短期間の間だけの小さい下降の波ですから
上手くいったとしても
次の下限候補であるサポートラインで利益を確定する必要があります。

つまりエントリーの前から、利益の大きさが制約されています。

 

時間的制約が大きい機関投資家などのプロのトレーダーならば
1番の場面でもポジションを作っていきますが
私たち一般投資家は
一番優位性の高いところでだけエントリーすれば良いので
安全で楽に大勝利が狙える3番でだけトレードします。

 

例えばこの画像のチャートであれば
3番にロングでエントリーして
前回安値より少し下あたりに損切りラインを置いて
適宜な値幅を取ってトレーリングストップをかけていけば
10回に1回や2回は100pips以上の差益を取れるでしょう。

 

これを読んでいる皆さんのうち、おそらく9割以上の方は
スプレッドや手数料以上に大幅に負け越しているはずです。
なぜならば、この画像のチャートの2番のような場所で
トレードをすることが多いからです。

 

当たり前ですが
値動きというのは上限や下限近くにある時よりも
2番のような場所である時のほうがずっと多いですから
確固たる信念がなくトレードをしていれば
自然と2番のような場所で売買することになります。

 

勝ち組のトレーダーというのは
いつも3番にロングでエントリーしますので
小負けと小勝ちと大勝ちを繰り返しています。

 

FXというのは株式投資などとは違って
誰か勝っている人がいれば
それ以上に負けている人が必ず存在するゲームですから
2番でエントリーしてしまう人や
1番でロングのエントリーをしてしまう人は
勝ち組のトレーダーの利益を穴埋めするためにいつも負け続けます。

 

 

なぜこういう差がついてしまうかと言うと
負けている人というのは
値動きの予測をしてトレードをしているので
当たり外れの世界の住人になっていて
考えても無駄なことに大量な時間をかけて
優位性の高い所でだけトレードするという
相場で利益を出すためのスキルがいつまでも上がらないのです。

 

勝ち組のトレーダーというのは
為替相場を優位性という可能性の世界でしか見ていませんので
時間の連続の中で一番有利なところだけで参加しようとしますし
可能性が薄い方にレートが動いた場合には
迷わず損切りして次の局面に対応していきます。

 

話がかなりややこしくなってしまいましたが
具体的に言うとこういうことです。

 

 

負けている人は0か100かで未来を知りたがり
予測が当たったか外れたかということにこだわります。

そして、1つの通貨ペアの1つの時間軸にこだわってしまうことが多いので
ポジションを持つこと自体が無理な局面でも
悩み抜いて結論を出してエントリーしてしまいます。

 

 

勝っている人は為替レートの予測などはしません。

数多くのチャートを読み進めていく
優位性の高いチャートの地点だけに着目して
自分の主観を加えることなくエントリーして
逆の結果が出たら淡々と損切りを繰り返します。

 

 

ここまで読んでも、トレード経験の浅い方は
今ひとつピンと来ていないかもしれません。

 

そういう場合の処方箋として非常に効果的なのは
1つのチャートを1分以上見続けないことです。

 

そもそも勝てるチャートというのは
子供が見ても数秒で綺麗だと分かる場合がほとんどです。

 

FXのデイトレードで私が推奨している
1分足のライン画面に60日と480日の移動平均線の画面であれば
トレンドがあるかどうかは初心者でも見た瞬間にわかりますので
そこで興味を持った通貨ペアに関してだけ
ローソク足を日足から順番にチェックしていけば安全です。

 

テクニカル分析の知識をある程度持っているはずなのに
勝ち切ることができない中級者の方というのも
これと同じ処方箋が必要で
なぜ勝てないかというと
戦術以前のもっと重要なことが習慣化されていないからなのです。

 

 

重要な習慣というのは
一つ一つのチャート画面に長時間こだわらないということで
トレード画面を開いたらまず
国際的な異常事態が起きていないかを数十秒でチェックし
その後は、ユーロドルとドル円あたりの値動きをマルチタイムで
ササッと見ていきます。

 

ここまで3分もあれば十分です。
そしてこの後もこのようなペースでチャート画面を見ていきます。
FXにおいて画面をガン見することといえば
数量を打ち込むときと、逆指値を設定する時くらいのはずですから
それ以外にあなたの手が止まっていることがあったとしたら
「自分は今、何について迷っているのだろうか」
と自問自答してみた方が良いかと思います。

 

 

 

自問自答の答えの99%は分かっています。

 

 

トレードをしていて手が止まってしまう時というのは
特にはっきりとしたエントリーの根拠がないチャートに
なんとか売買する理由を探そうとしている時です。

 

 

トレード画面を開いていて
自分のポジションを作る理由を作ろうとしているなと感じたら
もうその通貨ペアでは、その日はトレードしてはいけません。

 

 

勝てるチャートというのは、ほとんどの場合
細かい理由付けを行わなくても
数秒見れば分かります。

 

綺麗にトレンドが出ているなと思ったら
今現在のレートが
帯の中の1番なのか2番なのか3番なのかチェックします。
そして3番まで待ってエントリーします。

 

じっくり見ることもないし、深く考えることもありません。
FXで勝ち続ける正攻法というのはこれだけのことなのです。