FXで勝つためにはなぜMT4が必ず必要なのか?

 

世界中の大多数の個人トレーダーがロシア製のチャートツールMT4(またはMT5)
を愛用していますなぜでしょうか?

 

逆に言うと日本のFX取引業者の場合は
オリジナルの取引プラットフォームを用意している場合が多いので
欧米のトレーダーと違って必ずしもMT4を使う必要はないということも言えます。

 

日本以外では取引業者がオリジナルのプラットフォームを使わずに
MT4を自分の会社用にカスタマイズして顧客に頒布している場合がほとんどなので
日本以外のFXの個人トレーダーはかなりの大多数がMT4を使っています。

 

まあ結論から言うとMT4はFXトレードの分析ツールとしては

他に比べようもないくらい優秀なので
実際のリアルマネーをやり取りするトレードで使うかどうかは別として

日本人でも真剣にFXに取り込む限りは必須のツールになります。

なぜ必須なのか以下に述べていきたいと思います。

 

まずMT4というのはロシアの会社で作られた
FXの為替レート配信とトレード用のプラットホームです。

 

実物を見たことがなくても、日本の他の取引業者で使っているような
取引のためのブラウザのようなものを想定してください。

MT4の新型でMT5というのがありますが
こちらの方はひとまず置いておいてとりあえず初心者の方は
MT4を使うんだと認識しておいてください。

 

さてこのMT4というのは世界中で使われているだけあって
恐ろしく多機能で、それでいて回線負担は軽いという優れものです。

そして一度使い方に習熟してしまえば
世界中の様々な取引業者のプラットフォームと共通ですから
新しい取引業者と契約した際も苦労が少ないというわけで
良いことずくめのデキる子なのです。

 

そんなに便利なものだったら
日本のFX取引業者のプラットフォームも全部それに統一すればよいではないかと
当然皆さんもそう思いますよね?私もそう思います。

 

実際のところ、日本でもJFXや楽天などではMT4を取り入れていますが
まだまだどちらかと言うと自社開発のプラットホームを使っている業者が多いです。

別の記事でも述べましたが
日本のFX業者はDD方式(顧客のオーダーを市場に流すかどうかは業者の裁量次第)
が多く、それはそれで我々にメリットとデメリットの両方があるので
ここでは多くを語りませんが

分析ツールとしての優秀さで比べるとMT4の能力は断然で

私なども分析はMT4で行って注文は業者のブラウザで出す

ということを行なっていた時期もありました。

 

とにもかくにもFXと長く付き合って行くからには
MT4ともびっちり付き合っていくのが大前提だと認識してください。

 

 

さてこのMT4ですが、一番の特徴はインジケーターという派生機能
例を挙げると移動平均線やRSIなどの分析ツールのことなのですが
この分析ツールの数が無限に多いのですね。

 

上に挙げたような移動平均線RSIなどの基本的な分析ツールであれば
どこの取引業者のトレード画面にも組み込まれています。
しかしほとんどの場合はメジャーなツールしか入っていませんし
アップデートされて数が増えていくのだということもほとんどないでしょう。

 

ところがMT4の場合は何百何千何万という数のツールが世界中に出回っていて
無料のものと有料のものがありますが
ネットがあれば基本的に何でも手に入れることができます。

 

もっと極端なことを言えば、アナタ自身がツールを作って売ることだってできますし
さらにその延長としてEA(エキスパートアドバイザー=自動売買システム)
を構築したり購入したりしてコンピューター任せで24時間売買することもできます。

 

まあ私の場合などは移動平均線の他に
2つ3つのインジケーターを使っているだけですので
フルに活用しているとはとても言い難いユーザーなわけですが
それでも複数の時間足を一斉に開いたり閉じたり
切り替えたりすることは多いので
MT4がなければFXの分析は不可能なほど頼りきっています。

 

MT4の場合はマルチタイムフレームの切り替えも早いですし
上述したようなインジケーターを使って
開いていない画面のチャートのトレンドを一目で確認することもできますので

このサイトを開いていただいた初心者の方で
私と同じようなMTF分析でFX攻略に取り組んでみようと思っている方は
一刻も早くMT4を導入してMTFに慣れて頂きたいと思います。

 

それほど重要なMT4の導入についてですが
実はMT4の場合は基本的にはどこかのFX業者に登録をして
そこからソフトのダウンロードや為替レートの配信を受けなければなりません。

 

ですからどこかのFX業者に登録しなければMT4は手に入らないわけですが
登録をしてお金を振り込まなければMT4が使えないわけではありませんので
何社かに登録してそれぞれの業者のMT4を使ってみて
また、それぞれの業者のスプレッドや顧客対応なども勘案して
気に入った業者でリアルマネーのトレードをすればいいだけの話です。

 

また、自分が気に入って使っているFX業者でMT4が使えない場合は
分析だけをデモトレードの口座で行うということもできます。

デモ口座だけを使っても文句を言うようなケチな業者はいないと思いますので
その辺はのびのびとやっても大丈夫だと思います。

 

どこに口座を作るかということですが
こんなこと言うと怒られてしまうかもしれませんが
日本国内の業者であれば
どこで作ってもそれほど変わらないというのが私の個人的見解です。

 

日本の法人ではまだ MT 4をプラットホームで使っている業者は
四つか五つしかなかったと思いますので
いずれは全て契約して実際に自分自身でトレードしてみて
皆様にご報告したいと思いますが

 

MT 4を導入しているという時点で
顧客サービスとしては一歩リードしていて透明感が高い印象もあります。
(あくまでも個人的見解の印象ですが)

 

そういうわけですからとりあえず
私が実際にトレードで使っていることがあって
MT4を導入している楽天FXさん とJFX株式会社
さんをご紹介しておきます。




「どこでも一緒」とはまた投げやりな物言いですが
というのも悪質な業者や危険な業者はこの20年ほどで淘汰されて
ちょっとやそっとの為替変動で潰れてしまうような零細業者は残っていないからです。
良い意味でそれほど神経質になる必要がないということです。

 

それからこれは必ずしも我々一般トレーダーにとって望ましいことではありませんが
金融庁の度重なる介入によってレバレッジが20倍前後まで引き下げられたために
さらに業者の倒産の危険度は下がりました。

いずれにしてもこれは FX に限りませんが
投機をする場合にまず真っ先に確認しなくてはならないのが
業者の資金保全の安全度ですから日本はその点はかなり恵まれてると言えます。

ただしあまりこれに馴れすぎてしまうと
ハイレバレッジを求めて海外の取引業者などを使う場合に
落とし穴にもなりかねませんので注意してください。

さて、話がそれましたが MT4の話の続きです。

 

細かい機能の説明などは記事を改めて述べていくとして
まずはMT4をダウンロードしてソフトを立ち上げると
結構な複雑さに若干戸惑うかもしれません。

 

なんだかボタンがたくさんあるように見えますが
実はこれ実際の機能はボタンの数の1/3で
我々が使う場合に便利に使えるように
同じ機能を呼び出すボタンを違う場所にも色々置いてあるだけですので
「ボタンが多すぎてわからない」などと頭を抱える必要はありません。

 

私は初めてMT4を使った時にそれを知らなくて
MT4を使うのは諦めかけたというIT弱者なのですが
慣れてしまうと確かに同じ機能のボタンが色々な場所に置いてあるのは便利です。

 

ロールプレイングゲームのウィンドウと比べれば
全然大したことの無い量なので1ヶ月も使っていれば
反射的に無意識で使えるようになると思います。
何しろゲームや料理道具と一緒で馴れが重要です。

 

最後にMT4と通常の取引業者のトレード画面との最大の違いを述べておくと
日本の普通のFX業者の取引画面は当然のことながら
自分が契約している取引業者の専用画面ですので
取引画面を立ち上げてログインすればすぐに自分専用の画面につながります。

 

しかしMT4の場合は全世界で同じソフトを使っているために
最初のログインの場面でひと手間増えています。
ログイン画面を開いたら接続するサーバーを選んで
それからIDとパスワードを打ち込んで
次にログインという流れになっていますので気をつけましょう。

 

まあこれも私自身が初めてMT4を立ち上げたときに
どこのサーバーにつなげば良いかわからず2日間ログインできなかったという
お恥ずかしい失敗談から来る教訓です。

 

慌てずに取引業者から来た説明のメールを隅から隅まできちんと読めば
サーバーネームは必ずどこかに書いてありますので
皆様は私のような失敗をして時間を浪費しないようにしてください。