ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどちらが優秀なの?


 

ファンダメンタルズとテクニカルでは
どちらが優秀なのかと言う質問は
初心者の方が割と多く持つ疑問だと思います。

 

単刀直入に言いますとこの二つは
自動車の部品で例えるならば
アクセルとブレーキの関係であって
比較したり優劣を競うようなものではありません。

 

ざっくりといえばテクニカル分析はアクセルであって
ファンダメンタルズ分析はブレーキです。

 

この辺を少しお話ししてみます。

難しいことを考えない習慣をつけよう

 

私たちは
何か物事にチャレンジする時は
ハードな道を選んだ方が上達が早いと言うか
本格的な力がつくように考えていて
学校や社会のとでもそれが常識とされています。

 

もちろん
仕事にしろスポーツにしろ勝負事にしろ
ほとんどの場面では苦しい道を選んだ方が
後々有利になることは間違いないと思います。

 

ところがFXの場合だけはこの常識は全く通じません。

むしろ頑張れば頑張るほど結果は必ず悪くなります。

この記事ではその辺をお話しさせていただきたいと思います。

 

 

FXで勝ち続けるのはとても簡単 移動平均線によるチャート分析

 

上の画像は私が一番大好きなチャートパターンです。

なぜ好きかと言うと
ノーリスクで大勝ちできるチャートパターンだからです。

 

FXで勝ち続けるのはとても簡単です。

 

もしも私たちに感情がなかったら
頭脳の優秀さによって勝つ量は変わってくるかもしれませんが
どんな人でも必ず勝ち続けることができます。

 

それと上のチャートパターンとどんな関係があるのか
そのことをお話ししてみたいと思います。

FXで勝ち続けるために一番重要なこと

 

FXは特に専門的な知識は要りませんし
現在では大金を用意する必要もなく
クリックするだけで気軽に始めることができます。

 

それではFXで勝ち続けるために一番重要なことは
何だと思いますか?

 

手法は人それぞれ千差万別ですが
FXで勝ち続けている人ならばほとんど全ての方が
守っているルールがあります。

 

今回はそのルールについて述べさせていただきます。

FX初心者はどんな本を読むべきか?

 

 

 

 

 

 

この2冊は投資や投機をする人には必ず必要な書物です。
「必ず必要」とはまた随分と押し付けがましいと感じられるかもしれませんが
言い方を変えると「読んだそばからお金が儲かる」ということです。

 

どちらも世間的に最高の評価を受けていますし
実際に私もトレードを続けていくにあたって常に参照していますし
どちらも非常に優れた翻訳をされていますので読む人を選びません。

 

ですから「とにかく買って読んでください」といえば済みそうなものですが
それぞれの書にはそれぞれの役割がありますし
どちらの書も力作の大著なので
FX初心者の方には読み方の優先順位などもありますので
少し解説してみようと思います。

 

またこの2冊がFX関連で最高峰の★5つ級の著作であることは間違いないのですが
他にも★4つ級でご紹介したいものもありますし
また、私が 20年前後続けてきた投機の経験の中で培ってきた
書物や情報の探し方なども蛇足ながら付け加えさせていただきたいと思います。

FX上達のための3番目の近道


 

 

 

 

 

 

このサイトではFXで利益を出すために必要な戦術として
バルサラの破産係数とMTF(マルチタイムフレーム分析)を
集中的に取り上げてきました。

というのもこの2つは損失を防ぐ防御のツールとして素晴らしいからです。
FXというのは負けずに粘っていれば
自然と利益が積み上がっていくゲームなので

破産係数2%を厳守した上で
長期足のトレンド支配下で、短期足のエントリーを繰り返していれば
絶対に大きく負けることはないと申し上げてきましたし
実際にこれまで負けてばかりだった方でも
この2つを守っていればトータルで勝ち組に回れるはずです。

 

しかしFXの戦術というのはこの二つだけではありません。
バルサラとMTFが、柔道の受け身や戦場の塹壕のように守備のツールだとしたら
当然、攻撃の手段としての武器も欲しくなってくるところですよね。

 

それで今回の記事では
最も基本的で最も破壊力のある攻撃手法を紹介したいと思います。

 

地味なので少しめんどくさいと思われる方もいるかもしれませんが
内容自体は誰にでもできることですし
むしろ初心者の方は受け入れやすいと思います。

 

また、FX経験が1年以上あって勝ちきれない方には
もしかするととても大きなチャンスになるかもしれませんので
是非面倒くさがらずに実践してみてください。

 

それでは始めさせていただきます。

 

今日FXを始めたばかりの人に習慣付けてほしいこと

 

 

つい最近FXを始めた方や
キャリアは長いけれども1ヶ月単位などで勝ち越したことがない方

こういった方達に是非覚えていただきたいのが
このブログでもしつこく記述しているマルチタイムフレーム分析です。

 

カタカナ英語にしてしまうと何やらめんどくさそうなネーミングですが
要するにマルチタイムフレーム分析とは
「色々な時間軸を常に意識しよう」という非常に簡単な習慣のことです。

 

これを習慣づけてしまうことで
FXで負けることはほとんどありえないと言うくらいに
勝ち負けの重要な要素ですので必ず最初に基礎を叩き込んでください。

FXの値動きを考える上で一番大事な知識

 

 

 

 

 

FXの値動きで一番大事なものは何でしょうか?

それは為替レートは波を描いて進んでいるということです。

 

冒頭の画像は2018年の米ドル/豪ドルの日足のチャートですが
綺麗に一定の角度で値下がりを続けています。
これを見ると子供でも儲けることができるように思えますよね。

 

ところが下の画像のように5分足にまで拡大して見ると全く方向性がありません。

相場がどちらに向かおうとしているのか誰にも見当がつかないでしょう。

 

 

さて、FX投資の初心者の方からよくある質問として
「テクニカル分析とファンダメンタルズ分析はどちらが大事ですか?」
というのをよく見かけますがこれはとても見当違いな質問です。

FXを取引する際に最も大事な2つの簡単なこと

 

バルサラの破産確率というものがあります。

 

すでに投資に参入している方はご存知かもしれませんが
もしも既に投資経験があってバルサラの破産確率を知らなかったとしたら
これは相当危険な橋を渡っていることになります。

 

これはバルサラさんという数学者が1992年にご自分の著書の中で発表したもので
投資をする際の資金を安全に運用するための数式です。
投資する金額と、リスクリターンの比率、勝率の3つの要素を計算することによって
最終的に資金が全て失くなってしまう確率をはじき出すことができます。

 

この破産確率や計算表そのものもインターネット上にたくさん出回っていますが
FXでは難しい理論や細かい表などは必要ありません。
バルサラの数式で導き出したFXに関する2つの答えを厳守することが大事です。
重要なことは二つだけでその二つをよく理解して呪文のように唱えていれば
破産=資金がなくなってFXマーケットから退却ということは起きません。

 

FXで必ず勝ち続けるためには何をすれば良いか?

 

FXで勝ち続けるためには大きく負けないことです。

 

FX取引が他の投資に比べて圧倒的に有利な点は
国と国との通貨の取引であるために
よほどのことがない限りは急に価値がゼロになったり
証券取引で言うところのストップ安の状態になって
取引ができなくなるということもありません。

 

少なくとも日本の国内法を守って20倍程度のレバレッジであれば
一晩にして全財産を失うというような危険は必ず避けられます。

 

FXの取引で勝ちを積み重ねて大金を稼ぐには
この一番の特性を活かして致命的な大敗を避けながら
ジワジワと原資を増やしていくのが唯一の道です。

 

その方法について述べていきたいと思います。

FXで勝つためにはなぜMT4が必ず必要なのか?

 

世界中の大多数の個人トレーダーがロシア製のチャートツールMT4(またはMT5)
を愛用していますなぜでしょうか?

 

逆に言うと日本のFX取引業者の場合は
オリジナルの取引プラットフォームを用意している場合が多いので
欧米のトレーダーと違って必ずしもMT4を使う必要はないということも言えます。

 

日本以外では取引業者がオリジナルのプラットフォームを使わずに
MT4を自分の会社用にカスタマイズして顧客に頒布している場合がほとんどなので
日本以外のFXの個人トレーダーはかなりの大多数がMT4を使っています。

 

まあ結論から言うとMT4はFXトレードの分析ツールとしては

他に比べようもないくらい優秀なので
実際のリアルマネーをやり取りするトレードで使うかどうかは別として

日本人でも真剣にFXに取り込む限りは必須のツールになります。

なぜ必須なのか以下に述べていきたいと思います。

下手なナンピン素寒貧、上手なナンピンMTF

 

投機に興味を持っている方ならば
誰でも一度はナンピンや、マーチンゲールについて聞いたことがあるかと思います。

 

簡単に言うと
ナンピンというのは相場のトレンドが反転するのを期待して逆張りを続けることで
マーチンゲールというのは倍々プッシュのことですよね。

 

そしてこの二つは、ほとんどのギャンブルにおいて
確率論を誤解した破産をする禁じ手と言われています。

 

ところがこの破産を招く禁じ手も、FXにおいては
一定の条件を満たすことによって必勝法にすることができます。

以下、ナンピンによる必勝法を安全に使うための条件について書いていきたいと思います。

日本でのFX取引はとても特殊です

 

実は日本のFX取引方法は世界標準から見るととても特殊です。

 

世界標準と言うか欧米基準と比べて変わっているということになると思うのですが
我々一般個人トレーダーが誰を相手にしてトレードしているかというのが全く違うのです。
もっと言うと同じ日本の国内トレードでも株の取引は欧米の基準とほぼ一緒です。

 

株取引しろ商品取引にしろ通常は東京証券取引所のような取引所があって
そこで機関投資家も一般投資家も一緒くたになって取引を行うわけですが
日本国内のFX取引だけは、くりっく365などのごく一部の取引形態を除けば
我々一般投資家はマーケットで売り買いするのではなく
自分が登録している取引業者と相対で取引を行います。

 

この特徴から色々な日本だけの特殊なルールが生まれてくるのですが
分かってしまえば簡単な話ですので
以下で我々が最大限にメリットを受けるための対処方法などを考えてみたいと思います。

 

 

FXや投資が初めての方・負けて悩まれている方は読んでください

 

 

FXという投資は特に難しいことはありません。

 

基本に則って丁寧に取引を進めていけばとても安全ですし
コツコツと努力を積み重ねていけばどんな人でも必ず勝てるようになります。

 

株式投資や不動産投資と違ってスタートするのに大金も必要ありませんし
仮想通貨取引のように極端な値動きで振り回されることもありません。

必要最小限の国際経済にまつわる知識とチャートを読み取る力さえあれば
特別に専門的な知識などは一切必要ありません。